「バンコクの休日ライフ」のブログ

日本から単身赴任。バンコクソフトテニス倶楽部の紹介や、休日の過ごし方をブログに残しています。

世界遺産の街「ルワンパバーン」2日目・・・托鉢を追う。

サバイディ(ラオス語でこんにちは)。


世界遺産の街「ルワンパバーン」の旅も2日目を迎え、本日夕方の便でバンコクに戻ります。
この街の名所・・・朝の托鉢風景を観に行きました。
幸いにして、天候は曇り。
今朝は5時起きで、街の中心部へ。観光客も徐々に集まり始めました。

時間は5時半、西の方角から、オレンジ・赤の袈裟を着た若いお坊さんたちが列をなして現れました。

沿道の人は、お坊さんが持っている器に「もち米」を少しづつ入れていました。
さすが仏教国と感心するばかり。

お坊さんたちは、あちこちのお寺から街に托鉢を。


あっという間の30分、6時でお坊さんたちは、お寺に帰りました。
朝のイベントは終了です。


少し、宿に戻り朝食のため再び外に。
雨です・・・今日も雨。

朝市も雨の中・・・地元の皆さん食材を買ってました。


通りには、ベトナムのバインミーと同じフランスパンも。


私は、テラスのあるカフェで35,000キープのトーストセットを。

ワイファイも備えており、快適です。


地元の人たちは、家に鶏を飼ったり、軒先で食事の用意をしたり、本当に昭和の時代です。

若い子もバイクで・・・


お昼前に再度ラオスマッサージを1時間。
この暗さが素晴らしい。

足つぼマッサージはこんな感じ。


さて昼食は、
「カオソーイ&ラオビール」で締めました。

素敵なお店でした。
お客さんは、西欧人ばかり・・・
お値段は37,000キープ(約500円)


こうして、わたしの「ルアングパバーン」の旅は終了となりました。


それでは、今日はこの辺で。


明日から、バンコクでの仕事が再開します。


サバイディ(さようなら)。


ちなみに泊まったお宿は40ドル。(4800円)
プールも発見・・・・気になる方は、是非ウェブで。






×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。