「バンコクの休日ライフ」のブログ

日本から単身赴任。バンコクソフトテニス倶楽部の紹介や、休日の過ごし方をブログに残しています。

最強の風邪薬・・・キムチ鍋を食べて、翌週に備える日曜日。

サワディカップ(今晩は)。


本日の地元紙「バンコクポスト」の1面は、昨日のタマサート大学とチュラロコン大学(両大学とも日本の東大・京大レベル)のサッカーの試合で、タイの副首相・国防大臣を務めるプラウィット氏の『資産隠し疑惑』を学生たちが抗議のパフォーマンスをしたとの内容でした。

民主化の一歩となる「総選挙」は11月の予定で、こうした政治的な活動が、度々現れるのではないでしょうか。


さて風邪の症状からクリニックへ行ったのが、1月31日。すでに薬を飲み続け5日目を迎えましたが、寝覚めから倦怠感が。 夜中も舌が乾燥してました。


それでも「コートに立てば、風邪も治る」と信じて、朝はいつものようにテニスコートに。
ブチ君はそっけなく・・・・


今日も曇天、涼しい朝となりました。


出張者の小野さんは、連続して参加し、「初めまして」のあいさつを、なめたさん、酒井さん、平林君、竹田先生に。


本日9名、レベルは違っても交流を図り楽しくゲームが出来ました。

今日は、武田ファミリーのご長男も参加・・・礼儀正しい中3です。


酒井さんが、元ナースの為、風邪の症状を診てもらって、ひと安心。
それでも、午後から練習予定であった、ゴルフの打ちっ放しとジョギングは取りやめ、
ひきこもりました。


バトミントンン全日本女史団体 ユニシスVS再春館製薬の決勝を見て、団体戦の面白さに夢中に。 選手の心理、応援に回った控えの選手の様子、コーチ・監督の動きなど・・
攻めるのか?守るのか? どこにボールを集めるのか?


スマッシュが下手な私にとって、バトミントンンのスマッシュは、お手本にもなります。


日が暮れて、意を決して「キムチ鍋」で風邪を克服することにしました。
行きつけの居酒屋「剣心」に。
完全アウェイでお客様は、タイ人と西欧人だけ。
そんな店のカウンターで、1週間ぶりの「キムチ鍋」を。

汗が頭皮から出ました。
おかげで、今日のブログも更新することが出来ました。


岐阜の嫁からは、「ビールを飲んでも風邪は治りません~」と冷静なご意見を頂きました。
でも、
「病は気から」・・・鍋を食べて風邪が治ったと気を持てば、明日からの仕事も頑張れるのでは。


それでは、今日はこの辺で。
サワディカップ(おやすみなさい)


今日もバンコクにUFOが飛んでました。(空中レストラン)



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。