「バンコクの休日ライフ」のブログ

日本から単身赴任。バンコクソフトテニス倶楽部の紹介や、休日の過ごし方をブログに残しています。

タイのお正月最終日、自己流の初詣で歩いて帰る。


サワディカップ(こんにちは)。
正月2日目(お休み最終日)。日本は正月3が日(1月1日~3日)までが通常お休みとなりますが、タイは多くの企業が明日から始まります。


昨日は引きこもりましたので、今日は朝から、公園に向かいランニングからスタート。
空は秋晴れ!!

お休みとしては最高の天気に。


ベンチャキティ公園は2周走って終了。

今日は8時の国歌斉唱に間に合いました。


今日はこれから、初詣に。自己流の初詣は、ワット・ポー&ワット・アルン。
BTSでサパンタクシン駅に向かい、チャオプラヤツーリストボートに乗船。

以前は、観光客向けの快速船は40バーツでしたが、少し値上がりとなりました。
船の中は、中国、韓国、インド、ロシア、その他欧州と日本人の多国籍。
大変混んでいました。


しばらくして、ワット・アルンに到着。改修工事を終え、非常に美しくなっていました。


一旦下船し、写真撮影したら、直ちに渡し船に乗って、ワット・ポーに。
渡し船も以前は3バーツでしたが、4バーツに値上がりしてました。


船着き場から、少し歩いて「ワット・ポー」に到着。入場料は100バーツですが、水も1本サービスで頂けるのが、優しいお寺の象徴。


参拝者はそれぞれに。

お坊さんに水をかけてもらうと、きっと良い年になると。


ワット・ポーの涅槃像。

見えない。


携帯が少し邪魔。


108つの煩悩を捨てるために、108個の窯にお賽銭を、入れ続けたら、最後の5つでお賽銭が無くなり、5つの煩悩が残った状態で、本日の初詣は終了。


帰りもボートで戻ろうと船着き場で約1時間待っていましたが、どうやら観光船は、来る気配が無く・・・タクシーを選択。


しかし、タクシーも空車が少ない上に、乗車拒否も。
結局、散歩しながら、中華街を見学して、地下鉄まで。

まさに中華。


地下鉄に到着し、ようやく帰れることを確信。行きはBTS、ボートで合計98バーツの運賃。帰りは地下鉄28+BTS16=44バーツ。歩きは約50分・・・良い運動でした。


少し遅めのランチは、今年初のタイ料理。
プロンポン駅近くの屋台の「イムちゃん」で。
センミー麺とガパオ。


自己流の初詣ですが、お正月に手を合わせることが、日本人らしいと。


それでは、2018年の皆さまのご健勝、ご多幸をバンコクからお祈りして、今日はこの辺で。
サワディカップ(さようなら)。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。