「バンコクの休日ライフ」のブログ

日本から単身赴任。バンコクソフトテニス倶楽部の紹介や、休日の過ごし方をブログに残しています。

タイオープン2018、ソフトテニス大会参戦。ユニフォームを揃えて、夫婦と勘違いされる日曜日。

サワディカップ(今晩は)。


タイの2018年度初めての「ソフトテニスの国内大会」が昨日からバンコク西部のサムットサコーンで開催。昨日はシングルス戦のみ行われ、今日は男子ダブルス、女子ダブルス、ミックスダブルスが競技種目となった。


バンコクソフトテニス倶楽部は「BJST」とタイのソフトテニス連盟で認知されています。今日は7名の選手+応援1名が会場に向かいました。


朝、プロンポンを7時30分出発、チャオプラヤ川を渡るころに朝日を見ることが出来ました。会場までは約1時間。

タイ国内オープンの競技会であり、男子ダブルスに18ペア、女子ダブルス16ペア、ミックスダブルスに16ペアがエントリー。また参加倶楽部も、北はチェンライ、南はプーケットと賑わしい大会となりました。


久しぶりにサタヒップのメンバーとも再会。


お世話になっている「ウォンさん」ともお久しぶり。


午前は、男子ダブルスと女子ダブルスの予選。
コージ君、谷口君ペアは、ベスト16。


平林君、なべチャンペアは、ベスト8。


コモダ君は、タイ人「ジュニア君」とペアを組んで、3位入賞。


一緒に練習している「トー君」も頑張ってました。


サタヒップの選手は、大変人なつこい性格です。一緒に応援も。


午後2時から始まったミックスダブルスで、倶楽部で初めて女性(酒井さん)が参加してくれました。
ユニフォームも揃えました。(1500円)

2人で合計年齢103歳・・・頑張りました。
知り合いのタイ人からは・・・「奥さまですか??」と。


それでも予選リーグは、「トー君」ペア、ナショナルメンバー「テンさん」ペア、最後はウォンさんペア・・・と完敗。でも皆さん年寄りには、優しく対応してくれました。
本当にありがとうございました。


バンコクに戻り、お疲れさま会を。(個人的に)

美味しい「キムチ鍋」で今日は締め括りとなりました。


一方、ホームコートの本日の様子は、参加者4名・・・けいじゅん君の特訓になったみたいです。



2月も国内大会が開催されます。勝負は2の次で、タイで生活している現実から、タイ人と少しでも親交が図れれば、良いのでは。


それでは、今日はこの辺で。
サワディカップ(おやすみなさい)。





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。