「バンコクの休日ライフ」のブログ

日本から単身赴任。バンコクソフトテニス倶楽部の紹介や、休日の過ごし方をブログに残しています。

第6回タイ国際ソフトテニス大会に挑んだ駐在員チーム

サワディカップ(今晩は)。
タイは、日々少しずつ暑くなって来ました。
3月2日より4日までバンコクでソフトテニスの国際大会が、ラムカムヘンのスポーツ公園で開催された。

日本からもナショナルメンバーがタイにやって来てくれました。

大会には、日本、中国、インド、インドネシア、カンボジアの他、昨年クリスマスで想い出を残した、タイのサタヒップのチームも参加しました。


競技3日目となる4日(土)にバンコク駐在員チームは、ダブルスの部門に参加。

しおりちゃんの応援も。駐在員の醍醐味は家族の応援。


3ペアの出場で、2試合勝利。全ペアとも決勝トーナメントには進めませんでしたが、善戦しました。


・・・・・・・との報告を受けました。


私は、参加メンバーの皆さんがコートに現れる前に、4時起きで駐在員のあるある・・・
ゴルフに行ってきました。
朝の6時30分に朝日を拝み・・バンパコン・リバーサイドカントリーでコンペに参加。


ゴルフ日和でした。

キャディの「マオ」さんと楽しく過ごしました。

今日は、スタートホールからチップインボギーで始まり、ショートホールでは、ピン側50センチのミラクルもありましたが、前半54、後半51・・・トータル105でいつものスコアでした。

そのため、駐在員チームの激戦は、ラインで送られてきた写真のみで確認。個人的には、参加できずに残念でした。



夕方より、ソフトテニス大会の「さよならパーティ」に参加。
カンボジアのナショナルコーチ荻原さん、今回のナショナルメンバー安藤選手は、皆さん岐阜出身であり、気さくにサインを頂きました。

今回のナショナルメンバーは、男子 安藤(早稲田)、丸山(明治)。女子は若田・泉谷(東芝姫路)でした。(敬省略)
ずうずうしく皆さんにサインをお願いして、すみませんでした・・
日本では、こうした機会も限られており、「タイに居て良かった」と思う瞬間です。


試合の結果は、シングル、混合、ダブルス共に日本のナショナルメンバーが優勝しました。


駐在員のソフトテニスチームとして、タイでの競技大会には引き続いて顔を出して、良い関係を維持していきたいと思います。
5日は天皇陛下もタイに来られます。日の丸の旗を見ることも増えると期待します。


それでは、今日はこの辺で。サワディカップ(おやすみなさい)。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。