「バンコクの休日ライフ」のブログ

日本から単身赴任。バンコクソフトテニス倶楽部の紹介や、休日の過ごし方をブログに残しています。

国王御崩御後、1週間経ったバンコク。ソフトテニスの練習を元気に再開する。

サワディカップ(今晩は)。
最近バンコクは雨も降らず、雨季も終わりかと思いましたが、久しぶりに夕立となりました。
プミポン国王の御崩御のあと、国民は喪に服し、黒い服を着ています。露店の服屋さんも、デパートの有名ブランドの服屋さんも黒基調のシャツ、ワンピース、ズボンなどが売れています。

Tシャツは120バーツ~  

アパレル関係は、この時期大変忙しくなっています。


私も唯一持っている「黒」のTシャツを着て、朝はいつものコート(Ma+Sea Academy・11月からノアバンコク)に向かいました。2週間ぶりのコートは、インドアの整備と飲食スペースの工事が着実に進んでいました。完成まであと10日ほどになっています。

インドア2面は完全冷房。1時間1,200バーツ(3600円)は手が出ません。ましてソフトテニスは出来ないコートです。


ブチ君(本名:ムーピン(豚の串さし))は今日もマイペースでした。


今日は、新人さん2名が参加されるとの連絡が入りましたが、千葉県出身の大西さんだけがコートにやって来てくれました。81歳の小川さんは、昨晩こそ参加すると言われてましたが、お会いすることは出来ませんでした。

小学生から高校生まで、誰よりも練習をしてきた(本人弁)そうで、男性に交じって一生懸命練習されていました。女性の前衛だけに非常にフットワークとフォームが綺麗な選手です。
 いつものメンバーも元気に参加。

大西さんにとって10年ぶりの練習だったそうですが・・

今日は日本人7名と1時間遅れで、タイ人の「ボス君」も両親と共に参加。さすが名前通りの重役出勤。小茂田君が丁寧に指導しました。

今日は2時間汗をかきました。少し睡眠不足と水分の摂り方が悪く、アパートに戻る途中に両足がつりました。でも冷たく甘いアイスコーヒーを飲んだら、痛みが引き今後同じ事が起こったら、再度試してみたいと思います。


昼から、タイ語の補講に参加。(先週の日曜日は日本からタイに戻って来た日で、学校をお休みしたから)
タイ文字も徐々に難しくなってきています。

カードを見て「トーパイ(次の)」と話すようになれば、なんとか付いて行っている状態。


駅のアイスティを作ってくれる「OTYAYA(お茶屋)さん」にのどが渇いたため、アップルティをたのんだら、今日も蜂がぶんぶん。店員さんに蜂の写真を撮りたいとお願いしたら・・快諾。

花は無くても、人口密に集まるのがタイのミツバチ?


BTSに乗れば、タイ語が気になる・・

英語標記とタイ文字を比べて、読めるかどうかのチェック。そう簡単には文字は読めませんね。


夜は知人と日本街にある焼肉「大枡」へ。ナイターをやっていたころは、よく来ましたが、久しぶりでも店員はなつこく、タイ語の応用。


ホールのスタッフは、テニスのメンバーをよく覚えています。


ホルモンもおいしくいただきました。


アパートに8時過ぎに戻りましたが、ソイ33のマッサージ嬢も皆さん「黒色」のユニフォームでした。年末までは、少なくとも国民は喪に服されそうです。(公務員は1年喪に服します)


さて明日はタイの休日「チュラロコーン大王記念日(プミポン国王の祖父の逝去日)となり、翌24日(月)が振替休日となります。私はこの機会に隣国ミャンマーに行き、ミャンマーの「今」をしっかり見てきたいと思います。
ソフトテニス倶楽部は、明日も岐阜出身の新人さんが参加されます。


明日はPCを持ち運べるよう、これから準備したいと思います。
それでは、今日はこの辺で。
サワディカップ(お休みなさい)


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。